komachiya.net
 

Information


NEWS:
==============================

Maker Conference Tokyo 2012


15:45-16:45からの分科会(B)「DIY Money(Maker Faireのためのお金をつくる)」にて
久保田 晃弘さん(多摩美術大学(ARTSAT、FabLab Shibuya))とのディスカッションに参加致します。
その他、興味深いセッションもたくさん開催されますので、是非。

開催概要
開催日:2012年6月2日(土)
時間:10:30-18:30(懇親会:19:00-21:00)
会場:日本科学未来館(7F みらいCANホールなど)
*カンファレンスのみご参加の場合、未来館の入場券は不要です。直接7Fまでお越しください。
主催:株式会社オライリー・ジャパン
共催:日本科学未来館
運営協力:NPO法人日本パーソナルファブリケーション協会
参加料金:3,000円(カンファレンスのみ)、6,500円(カンファレンス+懇親会)
定員:250名
ハッシュタグ:#MCT2012

企画趣旨
自分自身の手でモノを作り、その成果を多くの方と共有する「Makerムーブメント」は、ここ日本でも盛り上がりを見せています。また、この秋、これまで多くの方にご参加いただいたMake: Tokyo Meetingは、米国、その他の地域と統一した名称の「Maker Faire」としてリニューアルする予定です。

「Maker Conference Tokyo 2012」は、その節目のイベントとして、Makerを取り巻くさまざまな課題をディスカッションするためのカンファレンスです。「Make」のファウンダー、発行人のDale Dougherty(デール・ダハティ)が、全世界に拡がるMakerムーブメントについて語る基調講演と日本のMakerによるパネルディスカッションを中心に、「オープンソースハードウェアの理想と現実」「オープンソースとデザイン」「モノを作る仕事を作る」といったテーマごとに、ファシリテーターとゲストを中心にしたディスカッションを行います。

すでにこのムーブメントに参加している「Maker」の方にとって、今後の活動のための刺激と知識、さらに新しいコラボレーションを探す機会に、また、このムーブメントに関して知りたいと考えている方にとっては、このコミュニティの熱気に触れるための貴重な機会になることでしょう。たくさんの方のご参加をお待ちしております!

==============================

ケセン・トランスプラント
Kesen Transplant

開設期間:2012年5月4日-5日
会場:岩手県大船渡市 サンアンドレス公園
参加作家:池田剛介、大山エンリコイサム、笠島俊一、小町谷圭、瀬尾なつみ、DJぷりぷり、村上慧、山川冬樹
-------

"FM Re-rising Sun 87.2MHz"
小町谷圭, 小森はるか
FMリライジングサンは、日中にソラーパネルで蓄えた電力を用い日没後にサンアンドレアス公園のモニュメントから、ライトアップされると同時に放送を開始するラジオです。放送は電波の届く地域に暮らしている方々の日々を記録したインタビューで構成されています。日々の天候の変化によって放送時間が変わるラジオを聴取ください。制作や機材提供等多くの方々に協力していただきましことを、この場を借りて御礼申し上げます。

==============================

東京芸術発電所
Tokyo Art-Power Plant

CRAFT-inspired POWER Generation by Contemporary Artists

開設期間 10月8日[土]-10月16日[日] 11:00-18:00
会場:東京藝術大学美術学部構内絵画棟 大石膏室アートスペース1&2
〒110-8714東京都台東区上野公園12-8
Master Sculptures Hall ARTSPACE 1 and 2 at Paintings Building, Dept. of Fine Arts, GEIDAI Tokyo University of the Arts 12-8 Ueno-Koen, Taito-ku, Tokyo 110-8714 JAPAN

この度、福島から届けられる漆作品展「生まれなおす工芸:福島の漆」への電力供給を行うべく、会場内に「東京藝術発電所」を臨時開設します。現代美術作家らによって運営される本発電所は、それぞれが持ち寄ったアイデアや技術を生かしながら、ソーラーや風力、人力など様々な発電に取り組んでゆく現場となります。そうして展覧会のインフラを私たち自身が生成し、そこで生み出されたエネルギーによって漆作品をライトアップしていく試みです。

本発電所は、単に電力を供給するだけの場ではありません。生み出された電力を利用した作品の展示やライブパフォーマンスなどを通じて、エネルギーの問題に多角的にアプローチしていきます。加えて、観客が自らの手や体全体を動かしながら発電に携わることで、日頃はコンセントの裏に隠れている電力の仕組みを体感して頂けます。

東京藝術発電所は、発電、送電そして電力消費の現場をトータルで立ち上げながら、福島と東京との間に横たわるエネルギー問題を皆様と共に考えます。ここから、私たちの生きるスタイルや、エネルギーをめぐる多様なヴィジョンが描き出されていくことを切に願っています。

参加作家
池田剛介 | 大山エンリコイサム+大和田俊 | 小町谷圭 | 西原尚 | 毛利悠子 | 山川冬樹 | Taguchi

■参加作家によるワークショップ(終了しました)
10月10日[月・祝] 13:00-16:00 要予約(定員15名 )
自動車や自転車など日常で使っている製品の中には、小さな発電機能をもったものがあります。 こうしたパーツを利用した風力発電の仕組みづくりを通じてエネルギーについて共に手を動かしながら考えていきます。
参加ご希望の方は下記までご連絡ください。
iculture.tokyo@gmail.com

■発電ライブ・パフォーマンス
10月16日[日] 17:00-18:00
出演:山川冬樹+Special guest 伊東篤宏

■参加作家によるトークイベント
10月16日[日] 18:00-20:00

==============================

「時計」interaction design workshop 展


会期・会場
2011年7月29日(金)-8月6日(土)
10:00-18:00
(初日は13:00-18:00、最終日は10:00-16:00)

日本大学芸術学部江古田校舎ギャラリー棟A&Dギャラリー
[西武池袋線江古田駅(北口)下車、徒歩1分]
〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1

メンバー:cdxplusx(communication design x + x)
ゲスト:hahacolab, 小町谷圭, 伊東祥次, 古堅真彦, g-i-f(Generative Idea Flow)

フィジカルコンピューティングの授業の関係で参加させてもらうことになりました。
11時50分位からがみどころです。
-------


"時間の枝"
時計は時間ではない。私たちは時間と紙の上に描かれた線を同一視する。つま
り時計は空間化された時間の一例に過ぎず、アナログ時計は正子を境に回帰の
環を、デジタル時計は断片的な単位を重ね永遠に進む進歩史観を描く。本作品
はメディアにおける時法のあり方を問うている。針が正子・正午を告げる時、
この瞬間をめぐる二つの時間概念と対峙することになる。

このたびの原発震災によって、福島の標準電波送信所から職員は避難せざるを
得なくなり、一時的に電波時計での時間の共有ができなくなりました。現在は
無人運営により暫定的に再開していますが、一日も早い復旧復興をお祈り申し
上げます。

==============================

「さよならアナログ放送」


http://a-shibuya.jp/archives/808

この日とうとうアナログ放送が終わる。この日を境い目にテレビ画面は砂嵐し
か映さないという現実を僕は受け止めることができるのだろうか? この耐え難
い現実をひとりで過ごさないために、みんなとテレビが砂嵐になる瞬間を見
たいと思った。いわば、アナログ放送のお葬式である。(藤幡正樹)

場所:KINOHAUS 1階 (映画美学校)
   東京都渋谷区円山町1‐5
http://www.eigabigakkou.com/location_detail/id=1

日時:7月24日(日)21時開場、21時半から0時まで
トーク:出演:藤幡正樹、金平茂紀、吉見俊哉
作品上映・展示:竹内均、藤幡正樹、小町谷圭

1)作品展示:"Provate Room / TV":藤幡正樹+川嶋岳史
カフェ前において20時頃から展示。
蛍光灯1本がテレビの1ピクセルに対応する大きな超低解像度テレビ。椅子や
壁や家そのものが記憶している家族の団欒とテレビの明滅が今ここに再現され
るインスタレーション作品。

2)トーク:22時から0時まで 出演:藤幡正樹、金平茂紀、吉見俊哉
会場に3、40台のアナログテレビ受像器を並べ、深夜0時にすべての画面が
砂嵐になるのを待ちながらトークを行います。

概要:
 アナログ地上波から地上波デジタルへの交代は誰が決めたのか? 完全に送
り手側によってのみ組み立てられた論理なのではないのか? 技術革新と経済市場の
活性化のための論理で進められた今回の世代交代では、受け手の論理はほぼ完
全に忘却されている。テレビが育成してきたものは、技術と市場だけではな
い。家族の関係性からはじまって、社会との新しい接点も用意してきた。歴史的に
は、テレビにおける公共性のあり方が幾度も議論されてきたが、それらは個人
の思想を紡ぐメディアへの形成には至らず、結局は大本営発表と大差のないメ
ディアとしてしか発展してこなかった。つまり、テレビは市民社会の育成にはつ
ながらなかったのだ。このことは、3.11における放送報道のありかたによってみ
ごとに露呈した。結局のところ、テレビは停波以前の段階で、実はとっくの昔
に終わっていたのではないのか?
 現状において、アナログ放送自身が自身の総括を行う兆しの見えない時、ささ
やかながらここに議論の窓口を作ってみたいと考える。

-------
金平茂紀:1953年生まれ。1977年TBS入社。社会部、「ニュースコープ」副編集長、
モスクワ支局長、ワシントン支局長、「ニュース23」編集長を務め、2005年から報道
局長、2008年からはアメリカ総局長として、アメリカを中心に取材を続ける。2004年
度「ボーン・上田記念国際記者賞」を受賞。

-------
藤幡正樹:1956年東京生まれ。メディアアーティスト、東京藝術大学大学院映像研究
科教授。メディアアートの世界で、80年代からさまざまな活動を展開している。
近年は、GPSを用いて北アイルランドで制作された作品「Simultaneous Echoes」
で注目を集める。

-------
吉見俊哉:1957年東京生まれ。日本の社会学者。東京大学大学院情報学環教授、学環
長(2008年度まで)。2009年6月から財団法人東京大学新聞社理事長。専門は都市論、
文化社会学(カルチュラル・スタディーズ)。「都市のドラマツルギー」をは
じめとして著書多数。

トークに当たって以下の作品を上映します。

-------
"hope house"(日本/2011/日本語/カラー/ビデオ/20分)
監督・撮影・編集:竹内均 音楽:ウラジーミル・マルティノフ
制作協力:特定非営利法人 きぼうのいえ、セカンドハーベスト・ジャパン
東京タワーの鉄塔建設に従事し、現在、建設中である東京スカイツリーが屋上か
ら見えるホスピス「きぼうのいえ」に入居している佐藤安正さん(93)を追ったト
゛キュメンタリー。

-------
竹内均:1985年東京生まれ。東京藝術大学美術学部生。近年はドキュメンタリーを中
心に映像制作の活動を行っている。作品は「インターバル」(2009)、「hope house」
(2011)、「citizen(仮)」(編集作業中)など。映画/映像と社会とのあるべき関係
を分析、考察し制作を行っている。

3)エンディング:「エンドレスTV」:小町谷圭
アナログ放送が停波となり、ついに無用の空き箱となったテレビセットは、今
霊柩車に載せられて去ってゆく。アナログ放送の出棺である。詳細は現在秘密。

--------
小町谷圭:1977年東京生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修了。大学で油画を専
攻した後、電子メディアを使用した作品制作を展開している。また、コミュニティ・
メディアをテーマにしたプロジェクト《FM Crossword》や、表現に関わる様々
な人々の テクノロジーやメディアに対するアプローチをアーカイヴするプ
ロジェクト《Lib-LIVE!》などがある。

==============================

ユートピアンナイト


日時:2011.7.17(Sun)
   17:30open/18:00start
場所:飯田橋「文明
※入場無料

【出演】
上嶋萌 小高沙里 中津川敦 緒方孝亮
宝井俊介小牧栞奈 大西亜実 武本拓也
【ゲスト】
小町谷圭 小柳淳嗣 谷口暁彦
クリストフ・シャルル

主催:武蔵野美術大学映像学科3年メディアアートU
協力:武蔵野美術大学映像学科研究室

==============================

第2回恵比寿映像祭 -歌をさがして-


会場:東京都写真美術館 全フロア
会期:2009年2月19日(金)〜2月28日(日)
《おかえりなさい、うた?Dusty Voices, Sound of Stars》
生西康典+さや(テニスコーツ)+山本精一+ククナッケ+AO+小町谷圭+稲荷森健+山元史朗+並木大典+掛川康典ほか
生西康典を中心に多彩なメンバーが結集。 同映画祭のために音声による新作インスタレーションを発表します。

==============================

デジタル・オイル・ペインティング展


-油画描画シミュレータを使って-
東京藝術大学 + 東京工業大学

2010年1月6日[水]〜20日[水]
東京藝術大学大学美術館 B2F 展示室2
休館日:1月12日[火]
入館時間:10:00-17:00
入場無料

==============================



Past Activities:

「Materia ex machinaー機械仕掛けの絵肌」


Date: November 23(Fri) - March 9(Sun), 2008/10:00-18:00 closed Monday
Organizer: NTT InterCommunication Center [ICC]
admission free
会場 ICC
展示期間:2007年11月23日(金・祝)─2008年3月9日(日)[終了しました.]
入場料 : オープン・スペース:無料


日本科学未来館 企画展

地下展 UNDERGROUND-空想と科学がもたらす闇の冒険』


開催期間 : 2007年9月22日(土)〜2008年1月28日(月)
開館時間 : 午前10時〜午後5時(入館は閉館時間の30分前まで)
開催場所 : 日本科学未来館1階 企画展示ゾーンa、b
休館日 : 毎週火曜日(祝日、春・夏・冬休み期間は開館)、
■空間デザイン株式会社トラフ建築設計事務所
■企画協力・展示デザインボストーク株式会社 / 有限会社スープデザイン
■展示アートディレクション株式会社永原康史事務所
■広報宣伝物アートディレクションgroovisions
■展示施工株式会社イノウエインダストリィズ
■体験展示制作石橋素 / 岡本彰生 / groovisions / 小町谷圭 / 小山ジロン / 平川紀道 / 布山タルト / 山口崇司
■ファブリックデザイン安東陽子
■音響ディレクション大友良英
■音響制作イトケン / 梅田哲也 / 大友良英 / Sachiko M / 藤本ゆかり


メディア・エクスプローラー2007展


「エクスプローラー」とは、冒険者、探求者という意味です。新しいメディアと表現の可能性を
探究する先駆者が、「メディア・エクスプローラー」です。この10年間、メディアと表現の
領域における次世代を担う人材育成のために、数々の大学や大学院、専門学校がつくられてきました。
この展覧会では、それらの教育研究の現場から生み出された作品を紹介しています。
「演算する絵画」出展しています。
会期 2007年7月13日(金)〜10月14日(日)
開館時間 9:30〜17:00(入場16:30まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌平日)/メンテナンス休館日:9月4・5・6日
※映画祭期間中7月14日(土)〜7月22日(日)は全日開館/8月13日(月)は臨時開館
会場 映像ミュージアム3階 未来映像ゾーン
映像ミュージアム入館料 おとな¥500/小中学生¥250(常設展示もご覧いただけます)
※7月15日(日)、7月21日(土)は無料開館。映画祭期間中は、映画祭半券で無料入場できます。


日本科学未来館 企画展

『サイエンスニュース!アジア展 〜アジアの力、科学の力、を伝えます』


開催期間 : 2007年6月2日(土)〜9月2日(日)
開催時間 : 10:00〜17:00(入館は閉館時間30分前まで)
※8月中の土日は18:00まで、8/13〜8/17は20:00まで開催
開催場所 : 日本科学未来館 1階 企画展示ゾーンa
料金 : 大人 900円、18歳以下 350円 (常設展示見学可)
団体割引・8名以上:大人 800円、18歳以下 310円
友の会 大人 400円、18歳以下 150円
※障害者手帳所持者は当人および付き添い者1名まで無料
休館日 : 毎週火曜日 (※7/24〜8/29の火曜日は開館)
主催 : 日本科学未来館、朝日新聞社、フジテレビジョン


オープン・スペース2007


開館期間:2007年4月19日(木)─ 2008年3月9日(日)
会場:NTT インターコミュニケーション・センター [ICC]
開館時間:午前10時 ─ 午後6時(入館は閉館の30分前まで)
休館日: 月曜日(月曜が祝日の場合翌日),年末年始(12/8-1/4),保守点検日(8/ 5,2/10)
入場無料
主催:NTT インターコミュニケーション・センター [ICC]
モジュローブプロジェクトメンバーとして参加しています。


●シンポジウム

『描く』を科学する──プロセスで読み解く


日 時: 2007年3月23日(金)13:00 - 19:30
場 所: ヒルサイドプラザ
主 催: 東京藝術大学大学院映像研究科 藤幡研究室
詳細情報: 下記ホームページをご参照ください。
http://www.mxa21.jp/symp/


モジュローブ - つくる、つながる、うごきだす


日 時:2006年11月3日(金・祝)〜2007年1月8日(月・祝)
    10:00〜20:00
    火曜休館、年末年始(12/29~1/3) 休館
会場:山口情報芸術センター(ホワイエ)
料金:無料
独立行政法人産業技術総合研究所・情報技術研究部門情報流デザイングループが、
インターネット上での創造性の共有を研究する目的で開発した、3Dモデル作成・
動作シミュレーションソフト。ブロック遊びのように単純な形を組み合わせて、
複雑な動くモデルをつくることができます。インターネットを通じて、フリー
ウェアとして入手することが可能です。モデルは、モジュローブホームページで
共有することができ、他の人のモデルを改良したり、逆に自分のモデルが改良さ
れたりしていきます。


『予感研究所〜アート+テクノロジー+エンターテイメント=?! 325人の研究者たちの予感』


日 時: 平成18年5月3日(水)〜7日(日) 10:00〜18:00
場 所: 日本科学未来館(東京都江東区青海2-41)
主 催: 独立行政法人 科学技術振興機構
「デジタルメディア作品の制作を支援する基盤技術」研究領域
参加費: 無料(ただし、常設展示及び特別企画展は別料金となります)
詳細情報: 下記ホームページをご参照ください。
http://www.media.jst.go.jp/research_result/

●シンポジウム

「今日の『卒制展』」


日時:2006年3月11日(土) 18:10〜19:10
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館 3階ホワイエ
スピーカー:
四方 幸子(情報芸術コース客員教授、ICC学芸員)
小町谷 圭(東京藝術大学大学院2年、「Project the Projectors」企画担当)
この模様はインターネット中継されます。
「デザインする情報芸術」
●会期:2006年3月10日 (金) 〜12日 (日)
●会場:横浜赤レンガ倉庫1号館
神奈川県横浜市中区新港1-1-1
●入場料:無料
●開場時間:10:00〜20:00
●主催:「デザインする情報芸術」実行委員会

TasuyaMATSUI

「And Beyond<移動のイノベーション>」展


Date: February 1(Fri) - March 26(Sun), 2006/10:00-17:00 closed Monday
admission free
STARFLYER Design Gallary
北九州小倉北区魚町2-3-9 セルブ第3ビル 5F
主催:株式会社スターフライヤ-
企画: 桂英史+松井龍哉
制作; フラワー・ロボィクス株式会社(中三川基・穂満加奈子)+石橋素+真鍋大度+小町谷圭
協力: カラーキネティクス・ジャパン株式会社
企画協力: 北九州企画制作室、 コミュニティデザイン協議会、展示協力:BBDO J WEST 博報堂エルグ
後援:北九州市

2006年3月16日から、スターフライヤーが新北九州空港を飛び立ちます。
「And Beyond<移動のイノベーション>」展は就航に向けてデザイナー松井龍哉がスターフライヤー社と進めてきた、
ブランディングとデザインのエッセンスを展示するデザイン展です。<HPより>


[Project the Projectors 2006]


28th January - 5th February 2006
Opening Ceremony will be held on Saturday 28th January 5pm - 7pm - All welcome.
Hours AM11:00~PM7:00
Place Kyu-Kanto Zaimukyoku, Kyu-Rodo Kijunkyoku 34 Nihon Odori, Naka-ku, Yokohama City
Admission Free

Project the Projectors is an art exhibition being directed, and curated
by graduating Bachelor and Master students of `Sentan` - the
Intermedia Art Department of Tokyo National University of Fine Arts and Music.

Sponsored by Tokyo National University of Fine Arts and Music, Yokohama City
Supported by ASAHI BREWERIES,LTD. , Universe Software Company Date


「Lib-LIVE! | Student Consortium」

Date: November 18(Fri) - December 25(Sun), 2005/10:00-18:00 closed Monday
Organizer: NTT InterCommunication Center [ICC]
admission free
Committees: Fumi Hirota Junji Koyanagi Kei Komachiya Takayuki Nakamura Tomoya Watanabe
Project incubator : Yukiko Shikata (ICC)
www.lib-live.org

本とそれにまつわるインタビューをアーカイヴし公開するプロジェクトであり、
東京藝術大学大学院・武蔵野美術大学大学院
IAMAS(情報科学芸術大学院大学)・多摩美術大学の学生による企画です。


『教育へのヴィジョン』展
シリーズ第三回「社会と環境――関係性とともに」

『Sound Community Project 岡山』


2005年9月17日(土)−2005年11月13日(日)
桂 英史 (東京芸術大学助教授)+コミュニティ・デザイン協議会(CDC)
10月1日(土) 午前10時−午後4時 ベネッセコーポレーション岡山本社、岡山市内周辺にて
普段何気なく聞いている音を採集・編集し、雑踏や喧噪の中に埋もれた日常生活の生々しさを再発見していくためのワークショップです。
コレクションされたサウンドを体験するためのシステムが『教育へのヴィジョン』展の一部として展示されます。
CDCのスタッフとしてワークショップのナビゲーターおよび、システムのメディアデザインをしています。


ICC アート・ミーツ・メディア:知覚の冒険


Art meets Media: adventures in perception at ICC
2005,1,21~3,21
メディアアートの入門的な展覧会です。
数々の名作が展示されています。
メディア・オンラインにて
ネット・アート,ソフトウェア・アート,ネット・コミュニティなど
カテゴリーごとに展示空間を必要としないプロジェクトの数々が紹介されています。
制作協力させていただきました。
It is an introductory exhibition of the media art.
A lot of masterpieces have been exhibited.
Many of the project that doesn't need the exhibition space of each category such as the net art,
the software art, and the net community in the media online are introduced.
I cooperated in the production of the media online.




演算する絵画
Project the Projectors 2006
28th January - 5th February 2006
Place Kyu-Kanto Zaimukyoku, Kyu-Rodo Kijunkyoku 34 Nihon Odori, Naka-ku,
Yokohama City
  Admission Free






Lib-Live!
ICC
November 18(Fri)-December 25(Sun), 2005/10:00-18:00 closed Monday
Admission Free








2006,10,29
Happy Hour with Artists
IID世田谷ものづくり学校








www.v2.nl@icc
Art meets Media: adventures in perception at ICC
2005,1,21~3,21
InterFaceDesign:KeiKOMACHIYA, YoshihiroKUNIHARA









TKK@ACQUA
2004.12.19~2005.2.19
weekday;11:00~23:00 holiday;11:00~19:00
KeiKOMACHIYA, to-kichi, YoshihiroKUNIHARA
4-20-20 MinamiAoyama minato-KU TOKYO 107-0062, JAPAN
MAP



2004.May
At an exhibition "etude in 2004" in the University of Tokyo, Komaba. The stage to project the silhouette of the audience was installed.











komachiya.net
 
home of kei