心付けのいらない葬式がおすすめ

心付けは葬儀のお手伝いをしてくれた人に対する感謝の気持ち、お礼です。

心付けが大変なのは明確な基準が存在しないために、いくら出せばいいのかがわからない点です。

ネットでは数千円出せばいいと書いてあったのに、話を聞いてみるとそれ以上出している人がいたなどそれぞれで心付けの金額が異なるからこそ悩みます。

もちろんいくら渡せばいいかを直接本人に聞くことはあまりにも野暮です。

心付け

こうしたことを考えなければならないのであれば、最初から心付けのいらない葬式を行った方が喪主としてはやりやすく、効率的です。

心付けを実際に渡す対象になるのは火葬にかかわる技師や霊柩車などの運転する人、また葬儀に携わるスタッフなどです。

この人たちに配る際にいくら渡すべきかに頭を悩ませる人が多いです。

以前こうしたことが行われたのは今のようにちゃんとしたシステムの中で葬儀が行われるわけではなく、地域の持ち回りでボランティアという形で行われていたためにせめてもの感謝の気持ちを示す必要がありました。

最近は地域の持ち回りやボランティアを買って出るケースはほとんどなくなり、特に都市部では葬儀会社に依頼するケースがほとんどです。

葬儀会社は仕事として運営を行い、そのスタッフもお給料をもらって仕事を行っています。

つまり、心付けを本来もらう必要はなく、与えなくても問題はありません。

むしろ公営斎場などは公務員が行っており、公務員が心付けをもらうことはできません。

受け取ってしまってそれが問題になった場合、その仕事ができなくなってしまう恐れすらあります。

もちろん今でもその地域でみんなが助け合って葬儀を行うケースはあります。

その場合には心付けは必要ですが、それ以外の場合にはわざわざ用意する必要はないということです。

一方で心付けそのものを予算に入れている葬儀会社もいます。

無理に渡そうとする人は必ずいるので、それを防ぐために最初から計上しているケースがあります。

なので、この場合に無理に渡そうとすると逆にそれ相応のお返しが返ってくることがあります。

なんのために渡すのか、これではわかりません。

最初から心付けのいらない葬式を目指していれば、このようなことにもならないので、料金体系が明瞭な葬儀会社を見つけてそこに依頼をすれば心付けを巡る悩みなどはなくなります。

最近では心付けはいただいていないと宣言している葬儀会社が増えており、心付けの費用を予算に計上すらしない業者も目立ちます。

このようなところに依頼をすれば心付けのいらない葬式を行えます。

リーズナブルにできるだけでなく、ちょっとした作業が削れるのでより故人を偲ぶことができます。

本来は亡くなった家族との時間を大事にしたいのに、心付けをどうすればいいかなど考えなくてもいいことに時間を割かなければならないことがあります。

心付けを最初から受け取らない業者に依頼をして精神的な負担を減らすことが求められます。

お葬式の費用を全て把握したい、高額にならないように低価格にしたい場合は「小さなお葬式」で事前に価格を把握しておきましょう。

無料資料請求をすればほとんどのお葬式の費用を格安にあげることができると分かります。

無料資料請求はこちら!「小さなお葬式」公式サイト

備えておくとお葬式で困ることも減りますし、何と言っても金銭的に助かりますよ。

コメント