葬式費用の中で戒名代は高いので戒名はいらないと言う人が増えている

お葬式を挙げる際には様々なことにお金がかかるため、残された人たちにとってはかなりの経済的な負担になることは珍しくありません。

故人が息を引き取る前にも、病院代などで色々と費用がかかっているような場合もありますし、遺産ではなく借金を残して亡くなってしまった時のように、式を執り行うこと以外にも経済的な負担がのしかかって来る場合もあるでしょう。

そういった理由も含めて、出来るだけお葬式にかかる費用を小さくしたいと考える遺族は少なくありません。

そのために、親しい人たちだけで故人を見送る家族葬を開くなど、色々な工夫を行う遺族がいるのです。

そして、お葬式の際にかかる費用の中でも、特に金額が高くなる場合が多く、また必要性が感じられないということで、戒名代を何とか省くことが出来ないかと思う人は大勢いるでしょう。

戒名代の金額は、付けてもらう戒名の種類やお寺によって異なっては来ますが、一般的な相場としては安くても二十万円円、高いものになると百万円を超えるとほどなのです。

多くの日本人の間には、亡くなった時に仏教形式のお葬式を挙げるという慣習がありますが、だからと言って熱心な仏教徒が多いかと言うと、決してそのようなことはありません。

むしろ、実際にはほとんどの人が無宗教だと言えるような状況なのです。

例えば法事などの何かのイベントがある時や、お願い事をする時などにお寺と関わることはあっても、仏教の教えに従って日々の生活を送っているような人はほとんどいないと言えるでしょう。

仏教と関わることはあるとしても、進行していると言える人はかなり限られているのです。

そのような生き方をしているにもかかわらず、亡くなった後に戒名という、本来であれば仏門に入ったお坊さんや熱心な信者に与えられるべき名前を、わざわざ高いお金を支払ってまで付けてもらう必要はあるのかと、疑問に思う人が多いのは当然のことだと考えられます。

とは言え、お坊さんの方からどのような戒名を付けるのかを訪ねられた時に、いらないとはっきり答えるのは簡単ではないかも知れません。

戒名はいらないと言うと、個人に対する愛情が薄いように思われるのではないかとか、さらには戒名なしではお葬式を挙げることも出来ないのではないかといったように、色々な不安が頭をよぎってしまうからです。

しかし、お葬式を挙げることと戒名を付けることの間に、絶対的な関係性などはありません。ただ慣習として、亡くなった人の本当の名前ではなく、戒名によって式を執り行って来ているだけなのです。

そのような慣習が残っているのは、高い戒名代を取って戒名を授けるという形で、お寺が収入を得るためのシステムだからだと言えるのです。

なので、戒名はいらないと言っても個人への愛情が薄いということの証明にはなりません。

また、故人にとって最も愛着があるはずの、生前に使用していた名前をそのまま使っても、実は何の問題もないはずなのです。

ただ、戒名がないとお墓に入れないといった不都合が生じることもあるので、誰でもいらないと言えるかどうかと考えると、なかなか難しい問題であることも確かです。

お葬式の費用を全て把握したい、高額にならないように低価格にしたい場合は「小さなお葬式」で事前に価格を把握しておきましょう。

無料資料請求をすればほとんどのお葬式の費用を格安にあげることができると分かります。

無料資料請求はこちら!「小さなお葬式」公式サイト

備えておくとお葬式で困ることも減りますし、何と言っても金銭的に助かりますよ。

コメント